廃発泡スチロール・廃プラスチックの減容機メーカー - 株式会社 環境先端技研

株式会社環境先端技研
■お問い合わせ(無料資料請求)■

E-TEC PLANT

  • 「廃プラスチック」「焼却灰」から自然石に代わる人口石、エコロジーコアに再生化。

  • 類似機種には無い「廃プラスチック類全般」「RPF」の混合処理が可能。

  • エコロジーコアはコークスの代替燃料としての利用が可能で、カロリー調整を行っての生成が可能。


  • NEW-RPF 製造工程
    NEW-RPF 製造工程

  • カロリー調整が困難とされている「RPF」の再処理加工が可能。

  • エコロジーコアは自然石又は石灰の代替品としての利用が可能。

  • 煙突不要でダイオキシンなどの発生は一切無く、一日19〜31トンのエコロジーコアを生成可能。(廃材を処理する事が可能。)


何故 E-TEC PLANT か?

  • 天然資材の代替材料として「エコロジーコア」を生成し、生成された「エコロジーコア」は線路の敷石、園芸用玉石、建築資材、土木資材の公認資材として活用されています。

  • 代替燃料として、各種浴場、農事組合の温室用ボイラーなどの燃料として、製鉄所では石炭の代替燃料のほか、溶鉱炉のフォーミング剤としても利用されています。


  • 完全な循環型商品「エコロジーコア」
    完全な循環型商品「エコロジーコア」:(登録商標済)

  • 「エコロジーコア」は廃プラスチック類全般を素材とし、その特性を利用して再生されている為、溶解すると言われているフェノール樹脂などと違い環境ホルモンの影響はありません。

  • 一部焼却灰に含まれる有害物質等は、PET樹脂によりミクロン単位で密封され、溶出は一切ありません。


夢の人口石「エコロジーコア」の特徴

  1. 安全性

    • エコロジーコアは個体性、吸音性、耐熱性に優れ、鉛、ヒ素、六価クロム、カドミウム、水銀、銅に関する溶出試験で無毒性について検証しています。


  2. ISO14000提携工場

    • エコロジーコアの生産工場は国際標準化機構の制定した「環境管理システム」に関する国政企画による厳しい審査を経て承認されたファクトリーです。


  3. 新エコマーク認定商品

    • エコロジーコアは無公害処理加工による廃プラスチック類の再生産品です。すでにペットストーンとして(財)日本環境協会エコマーク商品に認定されています。(1995年:商品認定番号96013036)


  4. 公認土木資材・建設資材

    • エコロジーコアは環境省の指定により耐候性資材、リサイクル資材などを使用した環境配慮型施設づくりを目指した新宿御苑、千駄ヶ谷休憩所に約2トン利用されています。


  5. 焼却灰処理加工

    • E-TEC PLANTは焼却灰を同時混練溶融化処理が可能です。焼却灰に含まれるダイオキシンなど有害物質はPET樹脂により完全密封、溶出は一切ありません。


  6. 燃料

    • エコロジーコアは燃料カロリーを制御して調整することが可能であり、一般品としてはコークスと同等の焼却カロリーを有しており、焼却時に塩素ガスなどの発生はありません。


  7. 高炉還元剤

    • エコロジーコアは溶鉱炉における高炉還元剤としての利用が可能です。現在、鉄鉱石酸化還元剤の用途が広がっています。また燃料として使用する場合には、石灰等の燃料の代替として大幅な化石燃料の削減が可能です。


  8. 処理加工分野

    • E-TEC PLANTは廃プラスチック類を主体として、焼却灰のほかに汚泥、燃核、煤塵、動物の糞尿、FRP、FRPT、貝殻、漁網、カーペットなどを同時溶融固化処理が可能です。


  9. RDF再処理加工

    • E-TEC PLANTは塩素ガスなどの発生と燃料カロリーの制御が困難なRDFの再処理加工が可能です。成品NEW・RDFとして燃料に利用できることが実証されています。


「エコロジーコア」の製造工程


E-TEC PLANT システム概要図
E-TEC PLANT システム概要図

廃プラスチック類全般 焼却灰・RPF
レントゲンフィルム、磁気テープ、ポリエステル衣料など、原料がPET樹脂なら、全て再生可能です。 廃プラスチック類+RPFをエコロジーコアに再生することも可能です。
これは、NEW-RPFと称され、その熱カロリーは7500カロリー(混合比による)で、石灰とほぼ同一に利用できます。焼却時にダイオキシンの発生もありません。
エコロジーコア(NEW-RPF)
エコロジーコアはここがポイント

●PET樹脂が有害物質を完全密閉

  • エコロジーコアは廃プラスチック類全般を素材として、その特性を利用し再生されていますので、溶解するといわれているフェノール樹脂などと違い、環境ホルモンの影響はありません。また、一部焼却灰に含まれる有害物質等は、PET樹脂によりミクロン単位で密閉され、溶出は一切ありません。


混練溶融機内
混練溶融機内


E-TEC PLANT シリーズ

    E-TEC PLANT EHK-0900
    E-TEC PLANT EHK-0900

    E-TEC PLANT EHK-600
    E-TEC PLANT EHK-600

  • 高速、高トルク、高吐出量、高吐出圧

  • 深溝型のスクリュー設計

  • 特殊合金の使用により、優れた耐摩耗性、熱伝導性


    E-TEC PLANT 深溝型のスクリュー
    E-TEC PLANT 深溝型のスクリュー
E-TEC PLANT の処理能力

・廃プラスチック類
・廃プラスチック類+焼却灰 (混合比15.4%〜20%)
・廃プラスチック類+RPF (混合比12%〜35%)->NEW-RPF
※混合比は必要カロリーによって調整が必要です。

EHK-0600

・一日約19トン
・一ヶ月間約570トン

EHK-0900

・一日約31トン
・一ヶ月間約930トン

施設就業者の人数

・3名 (オペレーション、事務職を含む)
※システム一基導入の場合




エコロジーコア燃料カロリー対比表


エコロジーコア燃料カロリー対比表

・エコロジーコアは、製鉄企業が高炉還元剤・高炉吹き込み(コークスの代替)での利用が実証されています。また、燃料として使用される場合、下記のカロリー対比表にあるようにエコロジーコアは、コークス・石炭等と同程度の燃料カロリー計算が成り立っています。

・エコロジーコアは、カロリーをコントロールすることが可能であり、混合比によってはコークスを凌駕する製品に作り上げることができます。エコロジーコアの利用により画期的な燃料コストの削減につながります。さらに、エコロジーコアを粉炭にしてボイラーの燃料利用から、現在、火力発電所の代替品としても注目されています。

混合比により高カロリーに調整可能。一般的にはPET(65%)PP、PE(35%)で生産される。



・コークス

6,000〜7,500

・瀝青炭

 

・亜瀝青炭

4,500〜8,000

・褐炭
※石炭の一種で黒炭より火力が劣り灰が多く残る

 

・天然ガス「化学用」

9,000

・天然ガス「都市ガス」

12,000

・石炭ガス

5,000

・高炉ガス

900

・灯油

11,000〜11,500

・重油

10,000

・HDPE(ポリエチレン)

11,500

・PP

11,064

・PET

5,500

※数値は全てカロリー
備考/火力発電所で排出される有毒物質を含んだ炭殻、煤をエコロジーコアに再生する計画があります。

■お問い合わせ(無料資料請求)■

会社概要 | お問い合わせ
2004© Environment High-Tech Laboratory Co., Ltd. All rights reserved.